2005年10月25日

パッチギ

eiyo(2).jpg
パッチギです。
年代は1960年ごろかな?
正直ここにでてくる若者は はっちゃけちゃってます(*^_^*)
フォークソングや懐かしい〜と思う場面 満載でした。
朝鮮高校の女の子に一目ぼれしてしまった府立の高校生。
だけどその朝鮮学校の一目ぼれの彼女は・・・
なんと・・・朝鮮学校をしめる!番長の妹
((((;゜д゜)))ガクガクブルブル
今時は番長って あまり聞きませんねっ(^^♪

でも好きになったら仕方ない!
あれやこれや努力する。同時進行で番長『アンソン』の
はっちゃけぶり! 喧嘩の毎日 不良の王道を行く!!
もう すさまじい喧嘩っぷり 男だねぃ。。(*´Д`*)ポワァ〜ン

そんな高校生達が大人になっていく
大人に近づいていく損が目に飛び込みました。
井筒監督の作品は大好きです。

昔を懐かしんでみるもよし
喧嘩ってこうなんだぁ〜と 興味津々でみるもよし
でも 内容のある作品です!!
★★★★
ここの所 諸事情により なぜか・・
映画を見る時間が少なくなってしまいました
寂しいです。
が・・・慣れればなんとかなるさぁ〜
でまた 見ていきたいとおもいます。

いつも見てくださる 貴方様
待たせてごめんなさいねっm(__*)m
posted by 珠江 at 23:12| Comment(9) | TrackBack(26) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます、珠江さん。
まだまだ、忙しいようですネ。
「パッチギ」の紹介有難うございます。
私もこの映画をスクリーンで観たかったのですが、色々あって観れませんでした。(悲)
この休日にレンタルして見ます。

ところで25日はMOVIX倉敷で「コープスブライド」を観ました。切ないけどとても素晴らしい映画でした。
やはり、バートンは天才的な芸術家です!
ご存知の通り声はベストコンビのデップと細君へレナ。
エンディングはなんだか「かぐや姫」みたいで、ついウルウルしてしまいました。(恥)
「チャーリーとチョコレート工場」より良かったと想うのは………ワタシだけェ?
Posted by COCU at 2005年10月27日 09:52
おはようございます。
ほんとに結構忙しくて
もう 焦ってますよ(-_-;)

コープスプライト観たんですかぁ
いぃな いぃな
気になってはいるんですが・・・

わぁ〜観たいよ〜〜〜
じたばた・・・
今週は休日もなくて 観れないかも・・・
ガーーーン( ̄□ ̄;)!! ( ̄□ ̄;)!
パッチギ みれるといいですねぇ〜
Posted by 珠江 at 2005年10月28日 06:25
トラックバックありがとうございました。
またよろしくお願いします。
Posted by ikumu at 2006年03月28日 12:43
 TBありがとうございますm(_ _)m

 体当たりでぶつかる青春!ってゆー
感じですよね。国は違えど、人を思う
気持ちは大切とゆーことを学びました。
Posted by たましょく at 2006年03月28日 16:24
TBありがとうございました。

記事を読ませていただいて、そういえば「番長」って言葉聞かないよ!! とうなずいてしまいました。
歌とテーマと物語が綺麗に結びついていた映画ですよね。
Posted by ちか at 2006年03月28日 19:36
TB有難うございます。
井筒流ウエストサイド物語って
感じでしたね。
歌はフォークで、ダンスの代わりが喧嘩で
プラス在日問題で深みを与えてますね。
Posted by YOSHIYU機 at 2006年03月29日 00:08
行き場のない深い願いと想いが悲しいほど
胸に染みた★とても辛い映画でしたね〜!
遅くなりましたが・・・
★TBありがとうございました!
Posted by sati at 2006年03月29日 22:21
皆さん
沢山コメントありがとうございます(*^^)v

いぃ映画でしたよね(*^^)v
またよろしくお願いしますね

珠江
Posted by 珠江 at 2006年04月01日 18:24
今回2回見ました。
けんかをする場面を見ていると、
なぜ、こんなにも、殴ったりしなくちゃいけないんだと思います。
でも、この中に出ている人が、
「本当は、俺たちだってけんかをするのは、
怖い」と言ってたように、怖くても、勝たなくちゃ。と言う風に、なってるから、勝って勝って、戦うというのは、大変なことです。
だから、中国か分かんないけど、あの、歌には感動しました。えっと、この、パッチギを、作ってくれた人、どうも、ありがとうございました。    
Posted by 田中 at 2006年06月18日 15:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8591713

この記事へのトラックバック

パッチギ!
Excerpt: 製作国:日本 公開:2005年1月22日 監督:井筒和幸 出演:塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、尾上寛之、真木よう子、小出恵介、波岡一喜、オダギリジョー 「こちトラ自腹じゃ!」作品..
Weblog: 外部デバイスへの記録
Tracked: 2005-10-26 00:52

「パッチギ!」
Excerpt: 1968年。京都府立東高校の松山康介(塩谷瞬)は対立する朝鮮高校へ親善サッカーの申込みに行った時、吹奏楽部で演奏をしているキョンジャ(沢尻エリカ)に一目惚れ。キョンジャは番長・アンソン(高岡蒼佑)の妹..
Weblog: the borderland
Tracked: 2006-03-28 11:42

パッチギ!
Excerpt: フォークに目覚めた康介と,朝鮮学校に通うキョンジャ。 二人の京都青春恋愛物語。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-03-28 11:44

「パッチギ!」
Excerpt: 1/25 ユナイテッドシネマとしまえんにて 好きだなあ、こういう映画。 登場人物たちが1968年をガムシャラに一生懸命生きている… その姿に無条件で胸が熱くなります。 監督:井筒和幸 ..
Weblog: こだわりの館blog版
Tracked: 2006-03-28 12:23

パッチギ
Excerpt: パッチギ 監・共脚:井筒和幸 脚本:羽原大介 1960年代の京都を舞台として当時の在日朝鮮人と日本人の関係を描きつつ、随所に平和へのメッセージが盛り込まれた映画です。映画の8割はケンカです。ま..
Weblog: ikumu's note
Tracked: 2006-03-28 12:39

パッチギ! 今年の166本目 その2
Excerpt: パッチギ!   年代としては、1968年。 ま、うちとは、ちょっと年代は違うケド、時代考証、完璧ちゃうん?? 最初、「音楽 加藤和彦」て出てきて、???やったんやケド、 すぐにわか..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2006-03-28 14:45

パッチギ!
Excerpt: ハピネット・ピクチャーズ パッチギ ! プレミアム・エディション 都内では、結構、最近まで、劇場公開されていたのですが、結局、観に行くことができず、DVD鑑賞となりました。 ..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-03-28 15:55

パッチギ!
Excerpt:  「レイクサイドマーダーケース」を観てから数時間後、友達と合流して話題の井筒監督最新作「パッチギ!」を観賞。 「パッチギ!」 評価 ★★★★★  実は、井筒監督作品を観るのは..
Weblog: 何を書くんだろー
Tracked: 2006-03-28 16:24

パッチギ!
Excerpt: 井筒和幸監督 68年、京都。川を挟んで在日街と日本人町がある地域を舞台に、在日の少女に片思いする高校生とその周囲のいろいろを、「イムジン河」の歌をモチーフに描く話。 観ていて面白い青春映..
Weblog: BUNPITUノHIBI
Tracked: 2006-03-28 19:27

パッチギ!
Excerpt: 私の周りでとても評判がよく やっとDVDを借りて見ました。 政治的配慮から発売中止となり、 放送も自粛されてきた「イムジン河」が発表された翌年の1968年の京都。 朝鮮学校の少女に一目惚れ..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-03-28 22:07

河は越えられたのか◆『パッチギ!』(2回目)
Excerpt: 1月30日(日)くもり / 『パッチギ!』(TOHOシネマズ木曽川) この前買った、『パッチギ!』のサウンドトラックを全部通して聴いてみた。うーーーーーーーん。微妙。「唄」が入っているのは、『イム..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2006-03-28 22:55

『パッチギ!』’05・日
Excerpt: あらすじ1968年、京都。高校2年生の康介(塩谷瞬)は担任からの指示で親友の紀男(小出恵介)と敵対する朝鮮高校に親善サッカーの試合を申し込みに行く。そこで康介は音楽室でフルートを吹くキョンジャ(沢尻エ..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2006-03-28 23:58

パッチギ!(04・日)
Excerpt: 時は1968年、京都。府立高校に通うフツーの高校生康介(塩谷瞬)は、敵対する朝鮮学校の吹奏楽部の女の子(沢尻エリカ)に好意を抱くが、その兄は朝鮮学校の番長的存在で誰もが恐れる存在だった・・・。でもあき..
Weblog: no movie no life
Tracked: 2006-03-29 21:45

パッチギ!
Excerpt: 以前、旦那が息子にこう言っていたのを思い出しました。 「喧嘩に巻き込まれたら、“頭突き”で行け。 それから思いっきり走って逃げろ。」 そう、“パッチギ”です。 予告の時から興味をそ..
Weblog: 閑遊閑吟 
Tracked: 2006-03-29 22:21

パッチギ!
Excerpt: ストーリーはGSブームの末期1968年代に発売中止になったザ・フォーク・クルセダ
Weblog: 映画のしっぽ
Tracked: 2006-03-29 22:22

DVD『パッチギ!』 
Excerpt: パッチギ ! (2005/日本) オススメ♪ 1968年の京都。東高校2年の松山康介はある日、担任の布川先生から指示を受け、常日頃争いの絶えない朝鮮高校へ親善サッカーの試合を申し込みに行くハ..
Weblog: みかんのReading Diary♪
Tracked: 2006-03-30 17:23

パッチギ!
Excerpt: 井筒監督は、頑なな京都人の根性を少しだけ溶かすことができたのかも。(笑)
Weblog: Take it Easy
Tracked: 2006-03-31 05:12

『パッチギ!』
Excerpt: DVD。めちゃくちゃいいからということで。井筒監督と京都、オダギリジョーさん。…ときたら見るしかないでしょ。井筒監督の、あのいつも怒っているような、ちょっと抜けているような顔がたまらない。帰って早速見..
Weblog: 巫女の好き好き
Tracked: 2006-03-31 13:20

パッチギ!
Excerpt: 韓国へ修学旅行に行く娘を、関西国際空港まで送ったあと、 せっかくここまで来たので、イオンりんくう泉南ショッピングセンター内にあるワーナーマイカルシネマズに寄った。 何を観よ。 ネバーランド・カンフー..
Weblog: CAMARO BLOG
Tracked: 2006-04-01 12:53

「パッチギ!」
Excerpt: 「パッチギ!」を観ました、もちろん私も自腹じゃぁ!
Weblog: るるる的雑記帳
Tracked: 2006-04-02 10:48

パッチギ!
Excerpt: 試写会で見てまいりました。井筒和幸監督の作品。 自腹で映画見て辛口トークしてるだけのおっさんと違いましたわ(^^;井筒監督に泣かされるとは思わなかった(笑) 1968年の京都が舞台。京都出身の私に..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-04-02 17:37

パッチギ
Excerpt: 脂さんがDVDを買い大絶賛してたので baracoも見てみました 単なる、はちゃめちゃ青春映画かな~と思ってましたが ストーリーが進むにつれ画面にくぎ付け 見入ってました 良かったよ。。。 ..
Weblog: ばら色の人生と思えばそんな気がする日記
Tracked: 2006-04-22 23:44

パッチギ!(再鑑賞)
Excerpt: 製作国:日本 公開:2005年1月22日 監督:井筒和幸 出演:塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、尾上寛之、真木よう子、小出恵介、波岡一喜、オダギリジョー 今年劇場で鑑賞した邦画の中..
Weblog: 外部デバイスへの記録
Tracked: 2006-04-27 06:51

パッチギ!
Excerpt: (05年1月鑑賞)「学生運動とかグループサウンズとか懐かしい目をしながら熱っぽく語る大人を見て育った世代です。正直ピンときたことはなかったんだけど・・・。なるほど、そういうことだったのか!と。この映..
Weblog: 丼 BLOG
Tracked: 2006-06-11 07:37

『パッチギ!』
Excerpt: ■監督 井筒和幸 ■キャスト 塩屋瞬、高岡蒼佑、小出恵介、沢尻エリカ、楊原京子、オダギリジョー、光石研、笹野高史、余貴美子、前田吟    殴り合ったら、同じ色の血が流れた。  誰かが線を引いたなら、俺..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-07-22 09:43

真・映画日記『パッチギ!』
Excerpt: 5月18日(金)◆445日目◆ あちゃー。やってもうたがなあー。 前の日に「ひとこと塾」ように提出した課題文ね。 下ネタをフルスロットで書いたら…… 添削放棄さ..
Weblog:           
Tracked: 2007-05-24 18:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。